クリニック紹介

眼瞼下垂とは、まぶたの筋肉が垂れ下がった状態の事を言います。 まぶたが重く感じたり、黒目に上まぶたがかかってしまったり、上まぶたが窪んでいたり、目がしっかりと開かないなどの症状が起きます。 また、その結果、目が小さく見えてしまったり、目つきが悪く見られたり、人と付き合っていく上で悪い印象を与えがちになってしまいます。 さらに重度になってくると、目を開こうとしても開かなくなったり、視界が悪くなったり、額に深いシワが出来たり、肩こりや偏頭痛が起きるようになってきます。

この症状は、先天性のものもあれば、後天性のものもあります。 最近では、パソコンやスマートフォンを長時間利用して目を酷使したり、ハードのコンタクトを長期間利用したりと目の負担が大きくなり、 若くして後天的に眼瞼下垂となってしまうケースもあります。しかも、数年間かけて徐々に症状が現れるので、自分では気づかない間に症状が悪化しているという特徴を持っています。 できるだけ目やまぶたに負担をかけないようにするべきですね。

先天的に眼瞼下垂になってしまっている場合でも、後天性の場合でも、基本的に手術をすることにより改善できます。 また、その手術もまぶたにメスを入れるような切開手術と、糸によりまぶたを持ち上げる埋没式の手術があります。 どちらもメリット・デメリットがあるので自分に合った治療法で治療をしましょう。また、医師に相談し、複数の選択肢を提示できるようなクリニック・病院で治療を受けましょう。

眼瞼下垂治療ならコムロ美容外科

東京銀座で眼瞼下垂の治療【コムロ美容外科】
眼瞼下垂の治療なら、東京・銀座にあるコムロ美容外科がおすすめ。 コムロ美容外科の眼瞼下垂治療は技術力が高く、他院よりも痛みや腫れが少ない手術を受ける事が可能で、 眼瞼下垂についてTVなどでのメディアでも積極的に情報発信をしています。